大阪府泉南郡|株式会社ラウンド・スケープ・グリーン|大阪や和歌山でのガーデンデザイン・ナイトガーデン・エクステリアデザインなど庭園のリフォーム、ガーデニングのことなら

大阪府泉南郡|株式会社ラウンド・スケープ・グリーン|大阪や和歌山でのガーデンデザイン・ナイトガーデン・エクステリアデザインなど庭園のリフォーム、ガーデニングのことなら 0120-7-11087 大阪府泉南郡熊取町朝代西2-1800-3 OPEN 10:00 / CLOSE 18:00
特殊緑化運動
R・S・Gの考える、地球のためにできること
地球温暖化の問題が叫ばれ、テレビや本を見ていても環境問題にいて議論される機会が増えたと感じます。
カタチや方法は人それぞれでも、みんなで「地球を守ろう」というひとつの目標に向かって運動することは素晴らしいと思います。

そこでラウンド・スケープ・グリーンが考えたのは、ヒートアイランド現象を緩和するためにビルの屋上に緑を増やす運動。地球温暖化の一因として問題になっている二酸化炭素(Co2)を、植物のチカラを借りて光合成してもらうのです。
植物をあつかうことが仕事であるR・S・Gにとって、これはもってこいの計画でした。

そして出会ったのがハイポニカ・ヒートアイランド緩和システムでした。
次の項でこのハイポニカ・ヒートアイランド緩和システムについてご説明します。
R・S・Gの考える、地球のためにできること
ハイポニカ・ヒートアイランド緩和システム
植物は本来、無限に成長する可能性を持っています。
ですが、水や肥料などの栄養や暑さ寒さなどの気温など様々なものが邪魔をしてその成長は妨げられます。
そこで「様々な障害を取り除き植物をどんどん成長させよう」と言うのがこのハイポニカ・ヒートアイランド緩和システムなのです。

【土の抵抗を取り除く】
思う存分根を伸ばすことができるように、水の中に根を張らせる。
【酸素を与え呼吸を促す】
根がその機能を充分発揮するため、たくさんの空気(酸素)を与える。
【最適の環境を保つ】
一定で育つように、水の温度やpH、肥料のバランスや濃度を常に一定に保つ。
【流れをつくる】
植物にとって良くない「とまる、とどまる、よどむ」を防ぐため、水に常に流れをもたせる。

この方法だと植物はどんどん成長し緑も増える上に、屋上に土を運ばなくて良いのでビルの屋上で植物を栽培するのに適しているのです。
ハイポニカ・ヒートアイランド緩和システム
ハイポニカ・ヒートアイランド緩和システム
ハイポニカでサツマイモを
このハイポニカ・ヒートアイランド緩和システムで何を育てるか?
ラウンド・スケープ・グリーンが出した答えはサツマイモでした。

サツマイモは強風に強く、枝葉の厚みがあります。
ハイポニカでのびのびとたくさん育ったサツマイモの葉の下は、日陰になり温度がグンと下がります。それだけで涼しくなるのです。
そしてそのたくさんの葉が光合成をし、葉から水分を蒸発させます。

ハイポニカだと根の伸長が良いので、たくさん伸びた根がたくさんの水分を吸収するので、その分蒸発する水分も多いのです。

それに、サツマイモだと『収穫の喜び』も味わえます。
みんなで収穫したりすることを思えば、育つのも楽しみになります。
ハイポニカでサツマイモを
サツマイモ観察日記
2011年 2011年 2011年
苅込しました。
2011年 2011年 2011年
近日公開予定☆
サツマイモ観察日記をお楽しみに!
近日公開予定☆
サツマイモ観察日記をお楽しみに!